I PRAY

子ども達の祈り
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初練習! | main | 2008出演者感想【小学1年生】 >>

2008出演者感想【未就学児】

あまご ふうか (3才)
 「楽しかった」と昨年と同じことを言う3才の娘ですが、原爆について、少しでも何かを今年は感じていました。今年は初めて平和学習にも参加しました。真剣にお話を聞き、平和資料館をまわりました。8月6日、原爆の日、保育園の先生より、園で原爆の話をしたところ、お友達に消防車や救急車ではまにあわないのよと教えていたそうです。そして、公演が終わった帰り道、「原爆があったのに家があるねえ」と父と話していました。少しでも、原爆というものがあったことがわかり、ずっと成長したように思います。
 次回もまた参加し、今度こそダンスから出られる様、期待して、成長を楽しみに続けたいです。


たん はるき(3才)
―――I PRAYに出て、どんな気持ちでしたか?
 うれしかった。本番はがんばらんにゃあいけんかった。
―――練習はがんばりましたか?
 練習はがんばらんかった。ねむかったから。
―――ステージに上がって、どうでしたか?
 拍手してもらって、うれしかった。
―――原爆のシーンはどうでしたか?
 こわかった。こわいの(原爆の衣装)を着るのはいやだったけど、がんばって着た。


しまの ゆりか  (5才)
 わたしは、アイプレイにはじめてでました。
れんしゅうのときは、ちょっとおこられたけど、たくさんれんしゅうしてうまくなれました。ほんばんのときは、1ばんにでれて、うれしいです。いっしょうけんめいうたったり、おどったりしました。げきのとき、はしるときやたいそうはたのしかったです。
これからもずっとへいわがつづいてほしいです。
らいねんもでたいです。よろしくおねがいいします。ことしより、もっとがんばりたいです。
出演者感想集 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする